[芸能] SISTAR、IUを押しのけ広告界でも大活躍

オープンマーケット11番街側は、新しい広告モデルとしてSISTAR(シスター)を起用すると発表した。

11番街は、「健康的で明るいイメージはもちろん、実力で勝負しているSISTARが11番街のブランドの志向と最も似合うという評価を下した」とモデルに採用した理由を明かした。これからSISTARは1年間、11番街の対外コミュニケーションモデルはもちろん、自社サイト内の様々なカテゴリーの製品や企画などを紹介する役割を担う。

これにSISTAR側は、「顧客との信頼を最優先に考えているオープンマーケット11番街のモデルに起用され光栄だ」と話した。

SISTARは先日京畿道のあるスタジオで初回の撮影を行い、11番街の公式モデル活動を始めた。長時間に及んだ撮影にも4人のメンバーは、特有の明るくて元気な姿で和気あいあいとした現場の雰囲気を作っていたという。

特にボラは、「普段オンラインで寮に必要なものを購入するオンラインショッピングマニアである。11番街をよく利用する顧客の一人であり、11番街のモデルとして活動する以上より愛情を持って一生懸命活動していきたい」と話した。

11番街のパク・ジュニョンマーケティング本部長は、「老若男女問わず高い人気を誇っているSISTARをモデルとして起用することにより様々な客層にいいイメージを与えることができそうだ。より活気のある楽しいショッピングを提供し、代表的オンラインショッピングモールとして地を固めたい」と説明した。

一方、11番街は8月の1ヶ月間、モデル起用記念に1億2000万ウォンの費用をつぎ込み、11st NEW STAR“SISTAR!”プロモーションを行う予定だ。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 08月 01日 11:09