[ドラマ] チュウォン主演“グッドドクター”製作発表会 [フォト]

KBS 2TVの新しい月火ドラマ“グッドドクター”の製作発表会が7月31日午後2時、ソウル瑞草區盤浦洞(ソチョ区バンポ洞)ソウル聖母病院で行われた。

この日の制作発表会にはキ・ミンス演出家をはじめ、俳優チュウォン、ムン・チェウォン、チュ・サンウク、キム・ミンソ、クァク・ドウォンなどが出席した。

“グッドドクター”は、サーバントシンドロームを持つ自閉性向の発達障害のある青年パク・シオンが世の中の偏見を克服して、小児科の専門医として成長していく過程と、素晴らしい実力を持つが、人知れず深い傷を負っている副教授キム・ドハン、そしてさばさばした魅力で二人を温かく見守る女医チャ・ユンソの活躍を描く作品だ。

今までのメディカルドラマのような一本調子ではなく、180度発想を転換した新しい感動医学ドラマの誕生と言われている。

一方、“グッドドクター”は大学病院の小児科を背景に繰り広げられる専門医たちの努力と恋を描く医学ドラマである。OCNドラマ“神のクイズ”
で新しい医学ドラマの概念を誕生させたとの評価を受けているパク・ジェボム作家と、“グッバイソロ”、“ただ見守っていて”、“烏鵲橋の兄弟たち”などで感動と笑いを安定の演出力で届けてきたキ・ミンスPDの初の共同作品として話題になっている。“鮫”の後続ドラマとして放送される“グッドドクター”は8月5日から放送予定。



Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights. 2013年 07月 31日 15:24