[芸能] JYPの素晴らしい社員愛、その福祉制度とは??

JYPエンターテイメントは2007年から、全ての社員に“安息年”という休みを保証している。“安息年”は、一定期間会社で勤務した社員に対し一定期間の休みを与える制度だ。長期間の有給を与えることは、企業の立場にとって難しい選択であり、特に1年365日休む暇なく忙しいと言われている芸能界では安息年を保証するのは簡単な事ではない。

このようなJYPエンターテイメントは2007年からこの制度を実施している。満6年勤務した職員に2ヵ月間の休暇を与えているというものだ。多くの社員がこの制度の恩恵を受け、JYP代表であるパク・ジヨンも昨年休暇を過ごしたという。

JYPエンターテイメントがこの制度を作ることになった理由もやはり一味変わっている。この制度はJYP共同代表であるチョン・ウク代表の提案で作られた。2007年長い間JYPエンターテイメントで勤務していた一人の社員が、様々な事情で仕事をやめなければいけない状況になり、“能力があり立派な愛社精神溢れる社員を失うのはよくない”とこの制度を作ったという。

現在エンターテイメント業界で安息年休暇を実施しているところは、ほぼ皆無だという。歌謡界の関係者は、「エンターテイメント業界ごとにそれぞれの個性に合った構造を持っている。JYPエンターテイメントの個性がそのまま表れている福祉制度だ」と話した。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights. 2013年 07月 31日 13:28