[ドラマ] キム・ナムギル - ソン・イェジン主演ドラマ『鮫』、終映間際に視聴率大幅下落

『鮫』が終映間際になって月火ドラマ大戦で最下位を記録した。

今月29日午後に放送されたKBS(韓国放送公社)第2テレビの月火ドラマ『鮫』は、全国視聴率8.4%(ニールセンコリア)で、前日28日の放送(9.8%)より1.4%ポイントも下落した数値を見せた。30日の終映を控えた状態だが、視聴者の取り込みに失敗し、これまで維持してきた9%台の視聴率すら守ることができなかった。

この日の放送ではスヒョン(イ・スヒョク扮)の父親を殺した人物がイス(キム・ナムギル扮)の父親である事実が明らかになった。放送のクライマックスでイスを銃で撃ったスヒョンの姿が描かれ、最終話がどのように進んでいくか視聴者の好奇心を刺激した。

一方、同時間帯に放送されたMBC(文化放送)の『火の女神チョンイ』とSBS(ソウル放送)の『黄金の帝国』は10.4%で同時1位を記録した。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 07月 30日 15:06