[ドラマ] 女優ハン・ガイン、“ヒットメーカー”キム・スヒョン新作出演へ…『3回結婚する女』

女優のオム・ジウォンやハン・ガインらがキム・スヒョン作家の新しい作品に出演する。

29日、芸能界関係者は「オム・ジウォン、ハン・ガインらが11月放送予定のSBS(ソウル放送)週末ドラマ『3回結婚する女』(仮題)に出演する。キム・スヒョン作家とチョン・ウリョンPDが直接女優に電話をかけてキャスティングをするほどの情熱を見せた」と明らかにした。さらに「8月1日に予定された台本練習には全員参加する予定だ」と伝えた。

関係者によればほかにも中堅俳優のキム・ヨンチョルとイ・ギョンジンがオム・ジウォン、ハン・ガインの両親として合流する。オム・ジウォンはキム作家の前作であるJTBC『子なしが最高』と同じようにキム・ヨンチョルの長女を、ハン・ガインは末娘を演じる。関係者は「SBSで50回編成を企画している。それだけキム作家とチョンPDコンビにかける期待が大きい」として「母親と2人の娘の人生に焦点を合わせた今回のドラマの台本を見て、関係者たちも皆とても満足してくれたと思う」と伝えた。

『3回結婚する女』は、“ヒットメーカー”のキム・スヒョン作家とチョン・ウリョンPDが再びタッグを組んだドラマだ。『結婚の女神』の後続として11月から放送される。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 07月 30日 13:51