[映画] ヒョンビン復帰作“逆鱗”に超豪華キャスティング

トップスターヒョンビンの復帰作映画“逆鱗”にチョ・ジョンソク、パク・ソンウン、チョン・ウンチェが合流し、注目されている。

映画の投資配給会社ロッテエンターテイメント側は29日、「ヒョンビンとチョン・ジェヨンに続き、チョ・ジョンソク、パク・ソンウン、チョン・ウンチェなどの主要登場人物のキャスティングが終わった」と明かした。

映画は正祖の暗殺に関連する人物の運命を描く。“ベートーベンウィルス”、“茶母”などを演出したイ・ジェギュPDの初スクリーン演出作だ。特にヒョンビンが除隊後に初の作品として選択し、話題になっていた。ヒョンビンは正祖役を、チャン・ジェヨンは正祖の忠臣ガプス役を演じる。

また、スクリーンとブラウン管を縦横無尽しているチョ・ジョンソクは、官庁の雑用係のウルス役をとして、正祖の暗殺に乗り出す。パク・ソンウンは宮殿の門を守る大将であり、正祖の側近ホン・クギョン役、チョン・ウンチェは王の衣服を管理する宮中の女官に扮し、チョ・ジョンソクとラブロマンスを繰り広げる。

ヒロインのキャスティングだけが残っている“逆鱗”は、来年の公開を目標に来月クランクインする予定だ。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights. 2013年 07月 29日 17:12