[K-POP] T-ARAビキニのビーチガールになってカムバック

デジタルシングル『ビキニ』は、ヒットメイカーのイダンヨプチャギがプロデュースし、ダビチとラッパーのスカルが参加した曲である。

イントロ部分にカモメの鳴き声と、アップテンポのメロディー、スカルのラップと、ダビチ、T-ARAのメンバーたちのボーカルが同時に聞こえ、海に行きたくなるような愉快な曲である。

T-ARAは香港、日本ツアーコンサートにより音楽番組の活動なしで、デジタルシングル『ビキニ』の音源とミュージックビデオだけオがンライン音楽サイトを通して公開される。

ミュージックビデオは可愛らしさ、ハツラツ、破格的というコンセプトで披露する予定であり、『ビキニ』のミュージックビデオを見たら海に行きたくなる衝動にかき立てられるというのが所属事務所の見解だ。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights. 2013年 07月 29日 16:15