[映画] 2013上半期日本での韓国映画興行成績は!?

今月26日に発売された韓流専門雑誌“It’s KOREAL”が、2013年上半期の韓国映画興行収入ベスト10を公開した。

まず1位は、韓国国内で1200万人を動員したイ・ビョンホン主演の“王になった男”がランクした。今年2月に日本全国の90ヶ所の映画館で公開された“王になった男”は、日本映画をおさえ“観客満足度1位”に輝いた。

2位には5月に公開された、JYJキム・ジェジュンの初主演映画“コードネイム:ジャッカル”があがった。“コードネイム:ジャッカル”は韓国では低調な成績であったが、日本では公開初日に売り切れを記録し、映画メイキングフィルムDVDも発売当日にオリコンチャート1位に輝いた。

これ以外にもキム・スヒョン主演の“10人の泥棒たち”、チュ・ジフンの“私は王である!”
、FTISLANDイ・ホンギの“フェニックス-約束の歌”、ソ・ジソプの“ある会社員”、ソン・ジュンギの“オオカミ少年”、ヒョンビンの“愛してる、愛してない”、パク・シフの“殺人の告白”、チョン・ジフン(RAIN)の“リターン・トゥ・ベース”がランクした。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 07月 29日 12:21