[K-POP] BEAST「デビュー前は17坪、今は100坪の宿舎生活」

BEAST(ビースト)は25日に放送されたKBS2“ハッピートゥギャザー3”に出演し、デビュー前に住んでいたボロボロの宿舎と、人気が出てから変化したラグジュアリー生活を比較し、話題になっている。

この日、BEASTはデビュー前に住んでいた宿舎について、「メンバーたちとほかのチームのマネージャーまで合わせた12人が17坪(約56㎡)の家に住んでいた。トイレがひとつしかなく、不便な事が多かった。スケジュールがあるから早くシャワーを浴びなければいけないことも多かったので、シャワーを上からみんなで一緒に浴びたこともあった」と、当時の生活を明かした。

ソン・ドンウンは、「特に大変だったと聞いたけど」というMCたちの質問に対し、「はい、僕は結構いい家庭で育ったんですよ」と笑いを誘った。また、「余裕のある生活をしていたから、そういうところに入って生活するのが大変だった。食事はしっかりとらないといけないのに、食べる場所がなくてベッドの上で食べたり、ごはんも6千ウォン以上は食べれなかった」と加えた。

2年ほど17坪の宿舎で生活をしたというBEASTは、「デビュー後には50坪(165㎡)の宿舎に移り、現在は100坪(330㎡)の所に住んでいる。今の家には部屋が3つある。広い部屋を二人ずつで使っている」と、人気が出た後から変化したという生活について明かした。

一方、この日の放送はBEASTのメンバーユン・ドゥジュン、イ・ギグァン、ソン・ドンウンとお笑い芸人のリュダム、パク・フィスン、ノ・ウジンが出演した“野獣アイドルvs野獣たち特集”を飾った。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights. 2013年 07月 26日 10:12