[芸能] 超新星ユナク「軍生活の活力の元になったガールズグループは…」

グループ「超新星」のリーダー、ユナク(29)がSISTAR(シスター)とGirl’s Day(ガールズデイ)に感謝の挨拶を伝えた。

ユナクは24日午前10時、京畿道龍仁市(ヨンインシ)に位置する陸軍3軍司令部で21カ月間の軍服務を終えて満期除隊した。除隊の届け出を終えたユナクは、記者から「軍生活で活力の元になったガールズグループは?」と尋ねられると即答で「SISTARとGirl’s Dayだ。おかげで軍生活を最期までやり遂げられた」と笑ってみせた。

「一緒に服務した同僚は羨やましがっているだろう」という記者の言葉に「昨日、部隊でSUPER JUNIOR(スーパージュニア)のイトゥクと電話をしたところ『羨ましい』と話していた。8eight(エイト)のイ・ヒョンやキム・ムヨルからも転役を祝う連絡がきた」とし「残った軍生活をきちんと終えられることを願う」と伝えた。

ユナクは2011年10月、京畿道議政府(ウィジョンブ) 306補充隊を通じて入所して、3軍司令部内の軍楽隊で軍楽兵として服務してきた。昨年末に軍が作った創作ミュージカル『The Promise』に出演していた。

一方、ユナクが所属している超新星は2007年に韓国でデビューした。2009年には日本に進出し、20枚を越えるアルバムで音楽ランキングを席巻し、代表韓流アイドルに選ばれている。ユナクの軍入隊以降、他のメンバーは日本活動や個別活動をしてきた。ユナクは除隊直後にチームに合流して日本活動を始めている。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 07月 25日 16:36