[芸能] 女優コ・ソヨン、7年ぶりにスクリーンカムバック?「確定ではない」

女優コ・ソヨンがスクリーン復帰のために身長に動き始めた。

コ・ソヨン側は最近、イ・ユンギ監督の次期作への出演と関連し、話し合いをしたという。今回のことがうまくいけば、コ・ソヨンが映画『姉さんが行く』以来、7年ぶりにスクリーンにカムバックするということで目を引く。

映画関係者は「食事を一緒にしたときに軽く出演してみてはどうかという話を交わした程度。まだ素材も決まっていないうえに当然シノプシスもない。決まったものではない」とし「コ・ソヨンが現在、スクリーンカムバックに大きな関心を持ち、さまざまなシノプシスに目を通していると理解している」と伝えた。

イ・ユンギ監督は映画『アドリブ・ナイト』(06年)、『素晴らしい一日』(08年)、『ティファニーで朝食を』(09年)、『愛してる、愛してない』(11年)などを演出した。男女間の恋愛関係を繊細かつ立体的に描き出すことに定評がある。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 07月 25日 13:40