[ドラマ] 『モンスター~私だけのラブスター~』名場面ユーチューブで照会数急上昇

最近ユーチューブにあがったtvNミュージックドラマ『モンスター~私だけのラブスター~』のミュージックシーンの中で、最も多く照会された“BEST5”を集計した結果、1話の“風が吹く”が1位に選ばれた。

このシーンは、1年間のケーブルドラマの動画クラブの中で最も多い照会数を記録し、“応答せよ1997”の“初恋が叶わない理由”の動画を約15万人超えた85万人の照会数を記録した。

1位を記録した“風が吹く”は、ジェロク(ユン・ジョンフン)がいじめられっ子ギュドン(カン・ウィシク)に歌を歌わせ、プライドが傷ついたギュドンが嗚咽しながら歌い、見ていられなかったセイ(ハ・ヨンス)がギュドンとともに歌を歌いながらジェロクに復讐をするシーンだ。誰も味方になってくれなかったギュドンを救い出すこのシーンは視聴者の涙を誘った。

“風が吹く”に続き、7話の“私を泣かせないで”が44万に近い照会数を記録した。この曲は音楽バトルでオーケストラサークル“オールフォーワン”と“カラーバー”のバトル曲として、ナナ(ダヒ)のパワーボーカルを中心に一致団結したカラーバーのハーモニーが観客を圧倒した舞台であった。

シン・スンフンのバラード曲を新しく編曲したこの曲は、“カラーバー”が全員で歌った“初めての歌”という点で、意味深いものであった。“烏合の衆”、“似たりよったり”などと呼ばれていた“カラーバー”がみなの予想をはるかに超えるステージでお茶の間を釘づけにした。

3位はBEASTの原曲の『美しい夜だ』が約41万、4位はソヌ(カン・ハヌル)とナナ(ダヒ)が一緒に歌った『人、愛』(キム・ボムス、パク・ジョンヒョン原曲)が約36万を記録し、わずかな差でソルチャン(ヨン・ジュンヒョン)が歌った『サボテン』が5位にランクした。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 07月 25日 13:58