[K-POP] ヤン・ヨソプ「ギグァンのバックダンサー時代、マイクを奪いたかった」

7月25日に放送されるKBS 2TV“ハッピートゥギャザー3”の野獣アイドルvs野獣たち特集にはBEAST(ビースト)のイ・ギグァン、ヤン・ヨソプ、ソン・ドンウンとお笑い芸人リュダム、パク・フィスン、ノ・ウジンが出演する。

アイドルとして頂上に登り詰めたBEASTは、デビューから成功するまでの苦労した時期について語った。特にBEASTはデビュー前に他のアイドルグループのメンバーとして選ばれていたのにもかかわらず途中で脱落したり、イ・ギグァンはAJという名前でソロデビューをしていたという理由で“再利用グループ”とも言われていた。

ヤン・ヨソプは、デビュー前にソロで活動するイ・ギグァンのバックダンサーとして活動していた。自身だけでなく、BEASTのヨン・ジュンヒョン、ユン・ドゥジュンも共にバックダンサーとして活動していたが、イ・ギグァンのマイクを奪いたいくらいだったと告白した。

ヤン・ヨソプはイ・ギグァンの最後のステージの時にみんなで前を見ながらエンディングを飾ろうと約束をしたのだが、実際のステージの時に他のメンバーが約束を守らず、ヤン・ヨソプが1人で混乱したというエピソードも公開し、笑いを誘った。25日午後11時20分放送。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 07月 25日 11:42