[K-POP] BIGBANGワールドツアー、アジア3カ国で劇場上映

“BIGBANG ALIVE GALAXY WORLD TOUR”がアジア三カ国で公開される。

BIGBANGは去年3月から今年1月までファイナルのソウルコンサートを含め、全世界の12カ国、24の都市で48回の公演を行い、80万人以上のファンを動員し、初のワールドツアーを大盛況のうちに収めた。

今回のワールドツアーは、世界的な公演企画社ライブネイションをはじめとし、レディーガガのワールドツアーを指揮した総監督ローレン・ギブソン、海外の有名なスターたちと仕事を共にしてきたミュージックディレクターのギル・スミス、ビジュアルコンテンツプロデューサーチームポッシブルなど派手な経歴のグローバルスタッフたちと共にした。

ワールドツアーの熱気を8月に香港、シンガポール、台湾など3ヵ国の劇場でもう一度感じることが出来る。BIGBANGのヒット曲ステージをはじめ、特有の自由でパワフルなパフォーマンス、舞台装置、グローバルな観客たちと息の合った公演の熱気を映像に収めた。

全世界を熱狂させたワールドツアーの期間中、総328日、公演時間7200時間に及ぶ熱い公演のハイライトを見ることが出来るため、グローバルファンの熱い人気が予想される。

一方、BIGBANGのワールドツアー劇場上映は香港、シンガポール、台湾以外にも追加予定だ。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights. 2013年 07月 24日 11:48