[K-POP] 俳優キム・スヒョン、米LAで映画舞台挨拶…“K-MOVIE”始動!

俳優キム・スヒョンが初めて主演を演じた映画『隠密に偉大に』の米国LA舞台挨拶を皮切りに“K-MOVIE”が出帆する。

今月19日、『隠密に偉大に』の公開を控えたキム・スヒョンは、この日午前、米国LA韓国文化院で現地メディアを対象に記者懇談会および個別インタビューを行った。この日行われた記者懇談会で、キム・スヒョンは米国全域で自身初主演の映画が公開される感想や今後の海外活動などについて明らかにした。

『隠密に偉大に』が米国最大の劇場チェーン「AMC」で韓国映画として初めて上映されることについて、現地メディアおよび映画関係者は驚きを表現した。キム・スヒョンが韓国公開当時、驚くべきチケットパワーと興行力を見せ、現地メディアはかなりの期待を表わしていたという。

米国での記者懇談会を成功裏に終えたキム・スヒョンは、今後ユニバーサルスタジオ内にあるユニバーサルシティ・シティウォークを訪れ、公開初日の午前から劇場をいっぱいにした観客に感謝の気持ちを伝えた。ユニバーサルシティ・シティウォークは米国現地でも象徴的な意味を持つ上映館で、キム・スヒョンはこれまで以上に深い意味のある時間を過ごしたと伝えられた。20日にはLAとサンディエゴの上映館を訪問して舞台挨拶を続けた。

キム・スヒョン訪問のニュースを伝え聞いた米国全域のファンが劇場に駆けつけ、6回の舞台挨拶が行われた映画券は完売するという事例を記録して関係者を驚かせた。またチケットを手に入れることができなかった多くのファンがキム・スヒョンを見るために列をなして待つなど大きな歓迎を受けた。

キム・スヒョンの人気を実感した米国内のメジャーエージェントからはミーティングの要請が相次ぎ、今後の海外進出についての前向きな感触を確かめた。

現地の韓国映画配給関係者は「キム・スヒョンの映画『隠密に偉大に』の公開をはじめ、韓国映画がメジャー映画館で上映される機会がますます拡大することを願う」と明らかにした。

一方『隠密に偉大に』は、米国をはじめカナダ・台湾・日本・香港・マカオ・マレーシア・ブルネイ・インドネシアなど世界10カ国での公開が確定した。現在、中国・ベトナム・タイなどでも公開を協議中だという。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 07月 22日 14:02