[K-POP] 少女時代、ワールドツアー台湾公演が大盛況

少女時代がワールドツアーの海外初公演の台湾コンサートを成功裏に終えた。

少女時代は20、21日、台湾台北アリーナで『2013 GIRLS’GENERATION WORLD TOUR - Girls & Peace in TAIPEI』を開催した。多彩なパフォーマンスと華やかな舞台演出が織りなす幻想的な公演で、公演会場をいっぱいにしたおよそ2万2000人の観客を魅了した。

今回の公演で少女時代は『Gee』『GENIE』『Hoot』『Oh!』『The Boys』などのヒット曲メドレーをはじめ、『I Got a Boy』『Dancing Queen』『Express 999』など4枚目のアルバム収録曲を披露する舞台のほか、『PAPARAZZI』『Flower power』など日本のヒットシングル舞台を含む計28曲の多彩な舞台をプレゼントして熱狂的な反応を引き出した。

また観客も少女時代のために特別イベントを準備した。公演初日にはカードセクションでメンバーの名前最初の文字を表しながら「6周年、おめでとう」というスローガンを掲げ、翌日は『Baby Baby』の舞台のときに、観客全員がいっせいに「少女時代だから幸せ」というフレーズのスローガンを掲げるなど、熱い熱気で少女時代メンバーを感動させた。

あわせて公演直前の20日午後5時から行われた記者会見では、単独コンサートで台湾を訪問した少女時代の姿を捉えようと連合報・中国時報・自由時報・TVBS・GTVなど現地メディアが大挙して出席して熱い取材競争を繰り広げ、少女時代に対する熱い関心を改めて実感させた。

一方、台湾公演を盛況裏に終えた少女時代は、今後はアジアはもちろん世界でワールドツアーを続けていく予定だ。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 07月 22日 10:48