[K-POP] A Pink2年ぶりの地上波1位、その裏側は?

ガールズグループのA Pinkがデビュー2年3カ月ぶりに地上波で初の1位を獲得し、感激の涙を流した。

7月19日に放送されたKBS 2TV“ミュージックバンク”で新曲『No No No』で1位候補に挙がったA Pinkは、1位の発表でA Pinkの名前が呼ばれた瞬間、驚きを隠せなかった。

リーダーのパク・チョロンは感情を抑え、「まだまだな私たちにこのような大きい賞を頂き本当に感謝しています。音楽的にも実力的にももっと認められるようなA Pinkになれるように努力します。ありがとうございます」と感想を述べ、それまで共に苦労してきたスタッフたちや家族、ファンたちに感謝の言葉を述べた。

特にこの日はA Pinkの一番年下のメンバーオ・ハヨンの誕生日であり、何よりも意味のある大きいプレゼントをもらい、感激の涙を流した。A Pinkは“ミュージックバンク”放送直後に予定されていたファンサイン会に出席し、ファンが準備した誕生日+1位記念ケーキでファンとの短くも意味のある時間を過ごした。

一方、デビュー以来初の地上波1位を獲得したA Pinkは、自分たちを応援してくれたファンたちのために20日午前、今回のアルバムの収録曲である“Secret Garden”のミュージックビデオをACUBEのユーチューブを通して公開した。映像には可愛らしくハツラツとした『No No No』とは正反対の清楚でクリアな魅力でファンの心を掴んでいる。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights. 2013年 07月 22日 11:29