[K-POP] デビュー目前のJ.Fla、日本でプロの作曲家として活動していたキャリアが話題に

韓国でのデビューが秒読み態勢に入ったJ.Flaの驚くべき過去のキャリアが明かされて話題になっている。

J.Flaは26日、デビューアルバム『バカみたいなストーリー』をリリースして本格的な活動をスタートさせる。これに先立って動画専門サイトのYouTube(ユーチューブ)を通じて、話題を集めたスターとして日本でプロ作曲家デビューしていた過去のキャリアが公開された。

2011年8月から、米ポップ歌手ビヨンセの『Hello』、MAROON5の『Moves Like Jagger』、BIGBANGの『BAD BOY』、2NE1『UGLY』など合計36曲に達する多彩なジャンルのカバー曲の映像を掲載して、独特な歌声で熱い支持を得ていた。特にビヨンセの曲では再生回数38万回を記録するなど、映像を掲載するたびにユーチューブのメインページを飾っていた。

J.Flaは人気歌手の歌をただ真似して歌うだけにとどまらず、個性豊かな自身の声に合うように編曲もしている。キュートな容貌を印象付けることよりもアイデアあふれるユニークな演出を通じて、小さな笑いをとることで耳目を集中させている。

所属事務所の関係者は「ユーチューブにカバー曲の映像を掲載したJ.Flaの声と雰囲気に一目惚れをしてレコーディング作業をすることになった」として「新人にしては珍しく全曲を自作曲でラインナップしているアルバムなので、大きな期待をお願いしたい」と伝えた。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 07月 19日 13:38