[K-POP] “赤ちゃん軍人”ZE:Aパク・ヒョンシク、ミュージカル進出

世界的な作曲家フランクワイルドホーンの最新作ミュージカル“ボニー&クライド”側は、オム・ギジュン、ハン・ジサン、キー、パク・ヒョンシク、リサ、アン・ユジン、ダナなどで構成されたキャスティングのラインナップを7月18日公開した。

ここで最も注目される俳優は、ZE:A(ゼア)のパク・ヒョンシクだ。

パク・ヒョンシクは近頃、MBC“本物の男”で“赤ちゃん軍人”として爆発的な人気を集めている。“シリウス”、“ナイン”などを通し、地道に演技力を伸ばし、好評を得ているパク・ヒョンシクは、キム・ウンスク作家の新作“相続者たち”の出演を検討中だ。このような中、ミュージカルまで進出し、引っ張りだこの状態である。

パク・ヒョンシクは、束縛を嫌う自由なマインドの持ち主クライド役にキャスティングされた。オム・ギジュン、ハン・ジサン、キーが共にキャスティングされた。クライドの彼女ボニー役にはリサ、ダナ、アン・ユジン、太っ腹で優れた洞察力を持つクライドの兄バグ役にはイ・チョンヨル、キム・ミンジョンがキャスティングされた。

ミュージカル“ボニー&クライド”は9月4日、忠武アートホール(チョンム)で幕を上げる。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights. 2013年 07月 18日 17:59