[ドラマ] CNBLUEミニョク、ドラマ“相続者たち”に合流

CNBLUEのカン・ミニョクが“相続者たち”に最後のメンバーとして合流した。

グループCNBLUEのメンバーであり、俳優として活動しているカン・ミニョクはキム・ウンスク作家の新作SBS“王冠をかぶろうとする者、その重さに耐えろ-相続者たち”のキャスティングが確定し、台本読みに参加した。昨年、ドラマ“棚ぼたのあなた”を終えた後、慎重に次回作を選んでいたカン・ミニョクは最近キム・ウンスク作家のラブコールを受け、快くOKしたという。

ドラマの制作会社側は、「キム・ウンスク作家は劇中優しそうで幸せオーラの出ている“いい男”ユン・チャンヨンのキャラクターに合う俳優を探していたところ、最終的にカン・ミニョクが選ばれた」と明かした。

特にこのドラマは当初CNBLUEのリーダーであるチョン・ヨンファが出演する予定だった作品だ。チョン・ヨンファが望んでいたような役柄とは違ったが、カン・ミニョクは彼のイメージにぴったりのまた違うキャラクターを演じることになり、キム・ウンスク作家との縁を引き継いだ。

カン・ミニョクは今までドラマ“大丈夫、パパの娘だから”、“オレのことスキでしょ”などに出演し、俳優として活躍してきた。特に昨年の“棚ぼたのあなた”でチャ・セグァン役を演じ、安定した演技力を見せ、“国民的弟”とも呼ばれた。大人気のキム・ウンスク作家の新作に合流し、また新たな魅力を見せてくれることが期待される。

一方、“相続者たち”は富裕層の高校生たちの愛と友情を描いたドラマとして、イ・ミンホ、パク・シネ、チェ・ジンヒョク、クリスタル、パク・ヒョンシクなどが出演する。10月9日から放送が始まる。


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights. 2013年 07月 17日 16:55