[K-POP] 雰囲気“UP”したJYJキム・ジュンス、セカンドアルバムが重要な理由は?

JYJのキム・ジュンス(XIA)が、セカンドアルバムを持って2回目の跳躍を夢見る。

グループJYJとして海外で脱アジア級の人気を誇っているが、韓国内ではアーティストとして過去の光栄を継続できていないのが事実だ。それはJYJ活動にいろいろと制約が伴っていたため。だが今回のアルバムの雰囲気は、前とは明らかに違う。最近JYJをめぐるさまざまなものが変化した良い雰囲気がただよっている。

昨年、前の所属事務所であるSMエンターテインメントとの専属契約紛争を3年4カ月ぶりに終えた。

JYJの足かせとなっていた重しがとれた。日本の活動にも日が差し始めた。1月、日本の東京地方裁判所が日本の企画会社エイベックス側にJYJの日本国内独占マネジメント権を主張しないことを命令した。3年にわたった紆余曲折の末、JYJの日本での活動が可能になったのだ。JYJはこれまで日本で公演会場を借りる困難まで経験した。4月に開催された東京ドームカムバック公演には、3日間で15万人のファンが集まった。これ以上ないほどの派手なカムバックだった。

最近、キム・ジュンスの新しいアルバムが出る中で大型流通会社であるローエンと音源流通はもちろん広報マーケティングまで業務契約を締結した。契約締結過程で一度雑音が入ったが、賢く対処して円満に合意した。

これからはアーティストの能力の問題だ。15日に発表されるニューアルバムにはヒップホップが加味されたダンス曲『Incredible』を含む計12トラックが入った。ファーストアルバムの時とともに本人が直接作詞・作曲に参加し、アルバム全体をプロデュースした。周辺の状況が前より良くなった中で、歌手としての能力を全て評価されうる席が用意されたわけだ。キム・ジュンスが自身とチームを包む雰囲気に乗って、新曲のヒットも成功するのか関心が向けられている。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 07月 15日 16:57