[映画] “来韓4回目”のヒュー・ジャックマン「韓国への愛は格別」

『X-Men』シリーズの俳優ヒュー・ジャックマンが、4回目の韓国訪問の所感を伝えた。

ヒュー・ジャックマンは15日午前、ソウル漢南洞(ハンナムドン)のグランドハイアットホテルで開かれた、映画『ウルヴァリン:SAMURAI』関連の記者会見で「韓国を再び訪れることになってうれしい」として「2009年にソウル広報大使に任命されただけに韓国に対する愛は格別だ。昨日到着して韓国レストランで韓国スタイルのバーベキューを食べた」と話した。

さらに「韓国人の観客が私の映画をたくさん愛してくれて感謝するだけ」としながら「『X-Men』シリーズから『レ・ミゼラブル』まで韓国ファンたちの愛のおかげで良い成果を上げた。韓国にもう少し長くいたい」と付け加えた。

この日ヒュー・ジャックマンは記者会見場に登場するやいなや「アンニョンハセヨ」と言って慣れた韓国語で挨拶をした。2006年以降、2009年と昨年まで3回韓国を訪れ、今回が4回目の来韓だ。毎回、韓国を訪れるたびにマナーのある姿を見せただけでなく韓国料理や文化に格別の関心を見せて代表的な“親韓派”ハリウッドスターと呼ばれた。2009年にはソウル市広報大使を委嘱された。

ヒュー・ジャックマンの新作映画『ウルヴァリン:SAMURAI』は『X-Men』シリーズのスピンオフバージョンとして制作された。25日封切り。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 07月 15日 15:12