[K-POP] 歌手ロイ・キム、「チャン・ボムジュンについて皮肉を言ったつもりじゃない」

歌手ロイ・キム側はBusker Buskerのチャン・ボムジュンに対する発言で起こった物議について直ちに弁明した。

ロイ・キムの関係者は7月14日にeNEWSとの電話で「ロイ・キムがライブで自作曲を紹介する際にチャン・ボムジュンについて言及したことを一部で誤解している方々がいるが、皮肉ろうとする意図は全くなかった。意図せず事が大きくなってしまった点について、ロイ・キム本人が最も気にしている」と話した。

7月13日、ソウル延世(ヨンセ)大学・新村(シンチョン)キャンパスの講堂で行われた初の単独ライブで自作曲「祝歌」を紹介した際に「この曲はBusker Buskerのチャン・ボムジュンが結婚式で祝歌を歌ったところからインスピレーションを得て作った曲だ」と紹介し、「しばらくして僕がチャン・ボムジュンの真似をしていると非難された。’パンパパパン’の部分は結婚行進曲にあるが、彼の曲を真似したわけじゃない。僕が作った曲だ。もし不快なら、この曲を歌うたびにチャン・ボムジュンについて言及する」と語り、話題になっていた。

以前ロイ・キムは自作曲の「祝歌」がチャン・ボムジュンの曲を真似たのではないかと盗作疑惑に包まれたことがある。ロイ・キムは自作曲に対して直接、間接的な立場を表明したわけだ。
ロイ・キム側は「ライブ中の雰囲気は本当に和気あいあいだった。しかしチャン・ボムジュンについて発言したことが活字化され、多少の誤解を招いたようだ。ロイ・キムは普段からBusker Buskerが大好きだ」と弁解した。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 07月 14日 16:26