[K-POP] 少女時代ヒョヨンが屈辱告白!「踊っているときに変顔の写真撮られた」

少女時代のヒョヨンがダンスの研究をすることになった理由を打ち明けた。

ヒョヨンは10日午後、ソウル永登浦区永登浦洞(ヨンドゥンポドン)のCGVポップアートホールで開かれたケーブルチャネルMnetのバラエティー番組『ダンシング9』の制作発表会に参加して「練習生時代からダンスをするのが大好きだった。実は一生懸命に踊っているときに変な表情の写真をよく撮られた」とエピソードを伝えた。

続いて「だからビヨンセやリアーナのダンスをたくさん参考にしている。2人はパワフルなのにセクシーなダンスを踊る。私も2人のようになりたい」と考えを明らかにした。

「ソロアルバムを出すならばどんなコンセプトで出したいか」という取材陣の質問には「1週間に一度はそれについて考える。これまでセクシーなところをアピールしたことが一度もないと思う」とし「ポッピングダンスやロッキングダンスでもセクシーに踊れるところをお見せしたい」と語った。

一方、『ダンシング9』はダンスオーディション・サバイバル番組。ダンスを専門にする芸能人9人がレッドウイングス(SHINHWAのイ・ミヌ、ポッピンジェイ、ウ・ヒョニョン、パク・ジウ)とブルーアイ(少女時代のユリとヒョヨン、イ・ヨンウ、パク・ジウン、ダッキー)の2チームに分かれ、賞金をかけてダンスの実力を競い合う。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 07月 11日 17:18