[芸能] 歌手Rainが除隊…芸能兵士とキム・テヒについての言及なく「努力する」

Rain(ピ、31、本名チョン・ジフン)が短く簡潔に転役の感想を述べた。

Rainは10日午前8時ごろ、ソウル龍山区(ヨンサング)の国防部で略式転役行事を終え、集まった数多くの取材陣とファンの前に立った。

Rainは凛々(りり)しい表情で「忠誠」と挙手敬礼をした後、「大勢の方が来て下さり、感謝する」とし「常に感謝の気持ちを忘れず、今後も最善を尽くすように努力したい」と挨拶した。最近、議論の的になっている芸能兵士問題と“恋人”キム・テヒについての言及はないまま挨拶をを終えてその場を離れた。

ファンは前日からRainの除隊姿を見るために野宿をしながらこの日を待った。Rainを応援するプラカードを手に、彼の転役を歓迎した。“ワールドスター”らしく海外ファンも大勢集まっていて目を引いた。

一方、Rainは2011年10月11日に議政府(ウィジョンブ) 306補充隊を通じて軍生活を開始した。5師団の新兵教育隊の助教として服務した後、昨年3月に国防部勤務支援団支援大隊所属の芸能私兵に職務を変更した。2013年元日にキム・テヒとの熱愛事実が報じられ、服務期間中もその有名ぶりは相変わらずだった。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 07月 10日 14:45