[ドラマ] 俳優イ・ジュンギ、女優パク・ハソン扮するマーメイド像の胸に“悪い手”

女優パク・ハソンが人魚姫の彫刻像に変身し、長い撮影を終えた。
パク・ハソンは先月20日、釜山広安里(プサン・クァンアルリ)でMBC(文化放送)の新しい水木ドラマ『Two Weeks』の撮影を行った。
この日パク・ハソンはマーメイド像に扮し、10時間以上にわたる撮影を無事に終えた。蒸し暑さの中で体を動かすこともできないまま撮影に臨んだパク・ハソンだったが、さわやかな微笑を失わなかった。
釜山市民は長時間にわたる撮影にもかかわらず、最後までパク・ハソンのそばを離れなかった。撮影を終えたパク・ハソンは手を振ってファンの歓呼に応えた。
同作は、無味乾燥した生活を送っていたところに殺人の寃罪(えんざい)を着せられた一人の男(イ・ジュンギ)が、白血病にかかった幼い娘がいる事実を知って生命を救うために孤軍奮闘する2週間を描いたドラマだ。
KBS(韓国放送公社)『いとしのソヨン』やSBS(ソウル放送)『華麗なる遺産』などを執筆したソ・ヒョンギョン作家とMBC(文化放送)『個人の趣向』と『がんばれクムスン』等を演出したソン・ヒョンソクPDが手を組むことになり注目されている。MBC『女王の教室』の後続作として、8月に放送される予定だ。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 07月 09日 15:47