[K-POP] 東方神起、アメリカ初のコンサートが大盛況

ワールドツアー中の人気グループ東方神起が香港、中国、マレーシアに続き米国ロサンゼルスでも幻想的なステージで観客を魅了した。

東方神起は7月5日午後8時(現地時間)にロサンゼルスのノキア・シアターで「TVXQ! LIVE WORLD TOUR-CATCH ME in LOS ANGELES」を開催した。この日、会場には東方神起の初の米国コンサートを見るために集まった7000人余りの観客の波が押し寄せた。
ジャスティン・ビーバー、レディー・ガガ、ニーヨ、エンリケ・イグレシアスなどが公演を行った同会場で東方神起は「Catch Me – If you wanna」、「Rising Sun」、「Why?(Keep Your Head Down)」、「呪文-MIROTIC-」、「Before U Go」など、数多くのヒット曲はもちろん、ユンホ(ユノ)、チャンミン(マックス)それぞれのソロステージでは「Honey Funny Bunny」から米国のR&B歌手Maxwell(マックスウェル)の代表曲「Whenever Wherever Whatever」まで全25曲を披露した。

オープニング後にチャンミンが「東方神起のコンサートを見るために10年間待ってくれた米国のファンの皆さんのために今夜、10年分のステージをプレゼントします」話し、会場は熱気に包まれた。

特に公演当日の7月5日は米国独立記念日(7月4日)の連休期間で、ニューヨーク、サンフランシスコ、サンディエゴなどの都市からはもちろん、カナダ、メキシコなど周辺国のファンまで会場に殺到、東方神起の国際的な影響力を見せつけた。

公演後にユンホは「若いファンはもちろん50~60代の観客が多く目にとまって驚いた。そして客席の熱い反応にもう一度驚いた」とし「米国初のコンサートを一緒に楽しんだ東方神起と観客の皆さんにとって特別な日になった、今日のステージは絶対に忘れられないだろう」とコンサートを終えた感想を明かした。

写真=SMエンターテインメント提供

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 07月 07日 12:27