[芸能] 女優ソン・ヘギョ、“政治家スポンサー”デマを広めた21人に罰金刑

女優ソン・ヘギョの虚偽事実を広め、物議をかもしたネットユーザー21人が略式起訴された。

ソウル中央地検刑事7部は5日、女優ソン・ヘギョ(32)に政治家スポンサーがいるという虚偽事実をインターネットに広めて名誉を傷つけた容疑(情報通信網利用促進および情報保護などに関する法律違反)で、ネットユーザー21人を罰金50万~100万ウォン(約4万4000円~8万8000円)で略式起訴したと明らかにした。

彼らは2008年9月から2011年12月まで、個人ブログなどインターネット上で「ソン氏がある政治家とスポンサー関係で、経済的利益を受けている」という内容を広めた容疑で、昨年初めにソン・ヘギョから告訴されていた。

検察は告訴された41人中、容疑が立証できて身分が確認できた24人を略式起訴した。彼らの大部分は20~30代の会社員で、中には医者もいたという。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 07月 05日 14:45