[芸能] 「Rain、懲戒なしで10日に転役」韓国国防部が公式立場発表

韓国国防部が芸能兵士特別監査と関連して、歌手Rain(ピ、本名チョン・ジフン)に対する懲戒はないという公式立場を表明した。

国防部のウィ・ヨンソプ広報担当官(陸軍大佐)は5日午前、ソウル龍山区(ヨンサング)国防部のブリーフィングルームで行われた定例ブリーフィングで、芸能兵士制度特別監査についての質問に対して「チョン・ジフン兵長は予定通りに今月10日に転役する予定であり、懲戒も受けない」と答えた。

続いて「チョン・ジフンは当時問題となった公演が終わってからは、幹部と食事を終えてすぐに就寝したと理解している。

飲酒も激励する意味合いで一緒に飲んだもので、いま議論になっている部分と関係がないと判断し、監査と関係なく転役する」とし「一部、芸能兵士国防広報院に所属していた担当指揮官および関係者についての特別監査は今も行っているところで、関連内容を予定通り来週中に発表する」と明らかにした。

国防部側は今月4日、「今週中に終わらせる予定だった芸能兵士運営制度についての特別監査だが、該当兵士と国防広報院の実務者に対する確認事項がいろいろと多いため延長する」と発表していた。


Copyright 中央日報 /中央日報日本語版 2013年 07月 05日 13:35