[芸能] 歌手イ・ヒョリ「盗作事件で精神科の検診まで受けた」

歌手のイ・ヒョリが過去に盗作事件に巻き込まれ、精神検診まで受けていたことを告白した。

イ・ヒョリは2日に放送されたSBS(ソウル放送)の『話神(ファシン)-心を支配する者』で、「3年前の盗作事件で活動を休止した」とし「当時、一瞬で人気をすべて失ってしまうかもしれないという不安と、詐欺に遭った悔しさで毎日酒を飲んだ」と打ち明けた。

続いて「大変だった当時、タレントのキム・ジェドンの勧めを受けてわらにもすがる思いで検診を受けた。精神検診は何百項目にもなる質疑応答や行動観察、アートセラピー等のデータを通して多角的に分析をする。イメージ管理しようと思ってウソを言ってもすぐにバレる。ひどいときには、そのウソすらも分析資料になる」と説明した。

また「放送局の社長や広告主など、私を自由に操れる人たちに対する反発心が大きかった。でも精神科の先生が反発心があるかと質問し、私の反発心は厳しいお父さんの影響が大きいからだと話した」とし「芸能人は大衆の人気で左右されるから大衆に対しても反発心が生まれて回避性人格障害が現れた」と話した。

イ・ヒョリは「大きな問題があるものだと思っていたが、先生が精神等級は最上位だと言ってくれた。うつになって病院に行ってほめられて帰ってきた」とし「精神分析を通して自分自身を少し理解できるようになった。自分自身と和解しながら、自尊感を回復した」と打ち明けた。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 07月 03日 14:16