[K-POP] MY NAME、5億ウォンのMVティーザー映像を公開

人気グループ MY NAME(マイネーム)が俳優ユ・オソンと異種格闘技選手チュ・ソンフンの血みどろのケンカシーンを織り込んだMVティーザー映像を公開して話題を呼んでいる。

MY NAMEの所属事務所は7月1日正午、YouTubeの公式チャンネルを通じてミニアルバムのタイトル曲「Baby I’m sorry」のティーザー映像を公開した。

このミュージックビデオは過激な映画を予告するような作りで注目されている。特にティーザー映像に登場する演技派俳優ユ・オソンとチュ・ソンフンのカリスマあふれる対決が目を引き、新アルバムに対する期待が広がっている。

所属事務所は今回のMY NAMEのミュージックビデオは制作費だけで5億ウォンが投入されたと明かした。また、ユ・オソン、チュ・ソンフンは同MVのために120時間を超える撮影に臨んだとも伝えられた。

所属事務所のある関係者は「今回もMY NAMEのカラーを固めるため、タイトル曲はもちろんミュージックビデオまで強烈なイメージで用意した」として「いろいろな面で完成度の高い新アルバムをぜひ期待してほしい」と語った。

MY NAMEの今回のタイトル曲「Baby I’m sorry」は美しいピアノの旋律とエレクトロニックなリズムが共鳴する曲で、中毒性が高いメロディーが印象的だ。

MY NAMEは7月4日午後12時、各オンライン音楽サイトで初のミニアルバムの音源とミュージックビデオを同時公開し、活動に入る。

写真=H2メディア提供

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 07月 02日 12:56