[芸能] 俳優キム・スヒョン、日本ファンクラブ創団ミーティング…2000人のファン熱狂

俳優キム・スヒョンが日本ファンクラブの立ち上げを記念して、およそ2000人のファンらと会った。

キム・スヒョンの所属事務所側によると、キム・スヒョンは先月30日午後、東京の渋谷公会堂で行われたファンミーティングに参加した。今回のファンミーティングは5月にチケット前売りオープンの際に即時売り切れを記録していた。

これまでドラマ『ドリームハイ』『太陽を抱く月』のほか、映画『10人の泥棒たち』を通じてキム・スヒョンの魅力に触れた日本現地のファンが訪日ラブコールを送っていた。

今回のファンミーティングは、2時間の間にスペシャル映像の上映会やトーク タイム、料理の腕前の公開、特別な歌のプレゼントなど多彩なプログラムが構成された中身の濃いイベントだった。

この日のファンミーティングで、ファンから最も大きな好評を得た時間は「キム・スヒョンのラーメン屋さん」。キム・スヒョンはいつもよく食べるというチーズラーメンの腕前を舞台の上でふるった。抽選を通して当選した6人のファンにキム・スヒョンが作ったチーズラーメンの試食の機会が与えられた。キム・スヒョンはラーメンを作りながらも、始終一貫してウィットに富んだ楽しい話術で雰囲気を盛り上げた。完成した「キム・スヒョン特製チーズラーメン」を試食したファンから最高の評価を受け、大きな笑顔を見せて幸せな時間を送った。

この日最後のプログラムで、キム・スヒョンはドラマ『太陽を抱く月』の挿入歌『あなたひとり』を甘美な声と優れた歌唱力で熱唱し、ファンから大きな拍手を受けた。また舞台から遠く離れている2階観客席にサプライズ登場し、あらかじめ準備していたサインボールをプレゼントするファン サービスも忘れなかった。キム・スヒョンはファンひとりひとりと目を合わせながら最後まで心をこめたファンサービスに徹し、場内を感動と歓呼でいっぱいにした。

キム・スヒョンは「初めての映画デビュー作『10人の泥棒たち』の日本公開に合わせて、舞台挨拶とファンミーティングを通じてファンの皆さんにお会いすることができ、とても特別な時間を過ごせた」と感想を伝えた。

続いて「このように素晴らしい出会いがあって幸せだ。感謝したい」と話して深々とおじぎをした。声がつまって、言葉をつなぐことができないキム・スヒョンを見ながら、ファンも一緒に涙を流すなどあたたかい雰囲気の中で公式ファンクラブの創立記念ファンミーティングが終わった。

一方、公式ファンミーティングを成功させたキム・スヒョンは、1日に日本の有力新聞および雑誌メディアとのインタビュースケジュールを消化し帰途につく予定だ。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 07月 01日 14:28