[K-POP] JYJキム・ジュンス、新曲『11am』のジャケットを公開…カムバック予告!

JYJのキム・ジュンスがアコースティック・バラード『11時、そのちょうどよさ(11am)』で繊細な感受性を表現する。

キム・ジュンスは1日、ソロセカンドアルバムの収録曲『11時、そのちょうどよさ』のジャケット写真を公開して本格的なカムバックを予告した。

この曲は、男が恋人と別れた翌日の孤独を独白形態で表現したアコースティックなバラードだ。公開されたジャケット写真で、花冠をかぶっているキム・ジュンスは悲しげな眼差しを浮かべながら神秘な雰囲気を演出している。

所属事務所関係者は「先週、ローエンTVを通してティーザー映像を公開してから話題になった。キム・ジュンスの本来持つ声がメロディとうまく重なり、映像に対するファンの好奇心を強く刺激した。これにより先公開への期待感が一層高まった」と話した。

キム・ジュンスはレコーディング当時、曲に深く感情を移入して涙を流す場面もあったという。曲の想いを生かすために最初から最後までノンストップで歌を歌いながら、レコーディング現場にいたスタッフを感嘆させた。

一方、新曲の音源はオンライン音源サイトを通じて2日に公開される。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 07月 01日 13:53