[芸能] 女優キム・ヒソン、ドラマ『信義』の未払い出演料関連訴訟に勝訴

女優のキム・ヒソンが昨年出演したドラマ『シンイ-信義-(以下、信義)』の出演料に関する訴訟で勝訴した。

ソウル中央地裁民事47部は1日、「有限会社信義文化産業専門会社は、キム・ヒソンの所属事務所ヒンジエンターテインメントに出演料の未払い分1億3600万ウォン(約1186万円)を支払うよう求める判決を下した。

『信義』の出演者やスタッフの大部分は出演料を受け取っていないことが伝えられている。100億ウォンの製作費を投じた『信義』側が、まだ支払っていない出演料は現在まで10億ウォン台に達するといわれている。

これに先立ちヒンジエンターテインメントは「昨年4月に所属演技者のキム・ヒソンが『信義』に出演することに契約して6億ウォンを受けることにしたが、『信義』側は4億6000万ウォンほど支給して残りの出演料を支払わなかった」と裁判所に訴訟を起こした。

『信義』はキム・ジョンハク監督とソン・ジナ作家がタッグを組んだ作品で、俳優イ・ミンホやキム・ヒソン、ユ・オソン、リュ・ドクファンらが出演したが、予想外の低調な視聴率を記録していた。

一方、出演者やスタッフらは今年2月に製作会社代表を背任および横領の容疑で告訴した。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 07月 01日 10:45