[芸能] 故パク・ヨンハ、3周忌の追慕式「日本は彼を忘れていない」

故パク・ヨンハの3周忌の追慕式が開かれ、1000人余りの日本のファンたちが韓国入りした。この追慕式は6月30日、京畿道(キョンギド)城南市(ソンナムシ)盆唐(プンダン)のメモリアルパークで行われた。

追慕式は献花式および焼香式の順に進行され、午後3時からは故人の韓国国内デビュー20周年を迎えサンミョンアートセンターでファンとともにする写真展と特別上映会が行われた。

これについて故人の姉でありYONA Entertainmentのパク・ヘヨン代表は「故パク・ヨンハのデビュー20周年を迎え、これまでパク・ヨンハが活躍した姿を集めて再び彼を偲びたいと思い、このようなイベントを用意した」と述べた。

2010年6月30日、自ら命を絶ち多くの関係者やファンに衝撃を与えたパク・ヨンハ。以後、故人の追慕式には毎年日本からも多くのファンが訪れ、故人の死を惜しんでいる。

KBS2ドラマ『冬のソナタ』で韓流俳優の地位を固めた彼は日本のファンから愛され続けてきた。4月には「2013 PARK YONG HA MEMORIES TOUR IN JAPAN」が催され、4月13日から28日まで東京をはじめ大阪、名古屋、福岡、札幌まで5大都市で大盛況のうちに開催された。

元所属事務所は「彼の遺作となった主演映画『作戦 The Scam』もシネマート六本木で6月29日から7月5日まで上映され、3周忌に故人を偲ぶ多くのファンが訪れるだろう」と伝えた。

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 07月 01日 17:21