[映画] キム・ゴウン、米国でライジング・スター賞を受賞

映画『ウンギョ』の彼女が再び注目を浴びている。

映画『ウンギョ』(監督チョン・ジウ)でデビューした俳優キム・ゴウンが2013年ニューヨーク アジアン映画祭(NEW YORK ASIAN FILM FESTIVAL 2013)でライジング・スター賞(Rising Star Award)を受賞した。キム・ゴウンは29日(現地時間)、ニューヨークのリンカーンセンター(Film Society of Lincoln Center)で開かれた2013年ニューヨーク アジアン映画祭でアジアスター賞(Star Asia Award)部門のライジング・スター賞に輝いた。

キム・ゴウンは去年『ウンギョ』の主人公ウンギョ役で忠武路(チュンムロ)にすい星のごとく現れた。当時、新人とは思えない演技力でパク・ヘイル、キム・ムヨルと呼吸を合わせ青龍映画賞で新人女優賞を、今年の映画賞で新人女優賞などを受賞、昨年はほぼすべての新人賞を総なめにした。

キム・ゴウンはこの日、「遠くニューヨークのアジアン映画祭に招待してくださり、このような意義深い賞までいただき、心から感謝しています」としながら「良い作品をとおして再びお目にかかります。」と受賞の感想を述べた。

ニューヨーク アジアン映画祭は2002年に創設され、アジア映画を中心としたプログラムと大衆向けの映画祭をモットーに行われてきた。ソ・ジソブ、コン・ヒョジンが各々『映画は映画だ』『ミスにんじん』で2009年ニューヨーク アジアン映画祭ライジング・スター賞を受賞したことがある。

写真=『ウンギョ』ポスター


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 07月 01日 12:16