[ドラマ] 『天命』の俳優イ・ドンウク、放映終了所感「初の史劇挑戦…忘れられないキャラクター演技」

俳優イ・ドンウクがドラマ『天命』放映終了の所感を伝えた。

イ・ドンウクは28日、所属事務所のキングコングエンターテインメントを通じて「初めて挑戦した史劇は容易ではなかったが、チェ・ウォンという忘れることのできないキャラクターを演じられて俳優人生の中で良い経験になった」として「最後まで応援して下さって愛して下さった視聴者の皆さんに感謝したい。またより良い姿を見せたい」と話した。

彼は、KBS(韓国放送公社)第2テレビの水・木曜ドラマ『天命:朝鮮版逃亡者物語』で、病気の娘の治療にすべてのエネルギーを注ぐ内医院の医官チェ・ウォン役を熱演した。とても悲しい父性愛から胸が切なくなるロマンス、緊迫した追撃戦まで完ぺきにこなし、幅広い演技スペクトラムを披露した。

『天命』を通じて彼は、史劇に初めて挑戦したにもかかわらず深みのある演技を見せたという評価だ。胸にジンとくるような父親の姿から、無実の罪を着せられて追われる逃亡者の姿まで熱演して好評を受けた。

7月3日からはオム・テウン、キム・オクビンなどが出演する『刃と花』が放映される。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 06月 28日 13:52