[ドラマ] KARAスンヨン、『張玉貞』でキム・テヒより光る“悪女演技”

KARAスンヨン(ハン・スンヨン)が磨きのかかった悪女演技で、『張玉貞』最高の悪女に浮上している。

ハン・スンヨンは24日に放送されたSBS(ソウル放送)のドラマ『張玉貞(チャン・オクジョン)、愛に生きる(以下、張玉貞)』で、キム・テヒ(張玉貞)を陥れて追い詰める悪女の本性を現わした。

この日、キム・テヒは天然痘にかかった息子を救おうと巫子を宮中に呼び入れた。ホン・スヒョン(仁顯王后)も持病で倒れ、宮中が悲しみに沈んだ状況だった。母親のキム・ソラ(伊氏)とともに登場した巫子は「宮中で大切な人間が1人死ぬだろう」とし「仁顯王后の名前を絹に縫い、祈祷をすれば世継ぎの病気は治るだろう」と告げた。

これに対してキム・テヒはユ・アイン(肅宗)が巫女の儀式を嫌がっていることを知っていたが、息子を救うために仕方なく儀式を行った。幸いに世継ぎは危機を乗り越え意識を取り戻した。

しかし、この全過程を見守ったハン・スンヨンは意味深長な微笑を浮かべた。結局、ホン・スヒョンは病状が悪化して、キム・テヒと最後に和解して息を引き取った。ハン・スンヨンはキム・テヒが巫女の儀式でホン・スヒョンを呪い殺したとして妬忌罪で告発した。

劇後半から登場したハン・スンヨンは歌手出身とは信じられないほどの慣れた表情演技とキャラクター表現力で連日好評を博している。女優キム・テヒやホン・スヒョンの前でも気後れすることのない視線演技は完ぺきな悪女キャラクターを作り出しているという評価だ。特に“善良な張禧嬪(チャン・ヒビン=張玉貞)”を標榜し、悪女が消えた『張玉貞』で悪漢キャラクターとして劇に緊張感を吹き入れている。

一方、『張玉貞』最後回は25日に放送される。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 06月 25日 10:03