[映画] 2PMチャンソン、映画『レッドカーペット』でスクリーン初挑戦

人気グループ2PMのメンバーチャンソンが、映画『レッドカーペット』で初のスクリーンに挑戦する。

25日、所属事務所JYPエンターテインメントは「ドラマ『7級公務員』を通じて安定した演技で好評を得たチャンソンが、映画『レッドカーペット』を通じてスクリーンデビューする」と公式発表した。

同映画は10年目のエロ映画専門監督と、20年前の「国民の妹」出身女優のロマンスを描いた予測不可能なロマンチックコメディで、チャンソンはユン・ゲサン、コ・ジュンヒ、オ・ジョンセ、チョ・ダルファンなどと共に出演する。

映画の中チャンソンは、映画監督を夢見る野心の強い製作チームの末っ子テユン役を演じる。熱血映画監督の志望生であるテユンは誰よりも真剣で情熱的だが、意外にその場を愉快でコミカルにさせる人物だ。

チャンソンは風変わりだがエリートらしい姿で新しい環境に適応していく、製作チームの末っ子スタッフ姿で、生き生きとした魅力まで披露するという覚悟だ。

MBCドラマ『7級公務員』で節制された感情の最高精鋭要員コン・ドハ役を演じ、好評を得たチャンソンは、今回の映画では風変わりな性格の所有者テユンになって全く違う魅力を広げる予定だ。

チャンソンは「立派な先輩らと共にすることになって本当に嬉しい。撮影がどのように行われるのかとても気になっている。映画の中でも末っ子役を演じるが、実際にも俳優の方らと監督、スタッフが僕を末っ子として接してくれて、本当に幸せな撮影になるだろう。初めて映画に挑戦するだけに、最善を尽くして必ず良い姿を見せる」と感想を伝えた。

一方、チャンソンが初のスクリーンに挑戦する映画『レッドカーペット』は、来月初めクランクインされる予定だ。

写真提供=JYPエンターテインメント

Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 06月 25日 10:29