[K-POP] G-DRAGON、世界的な女性ラッパーミッシー・エリオットと共演

BIGBANG(ビッグバン)のリーダーG-DRAGON(Gドラゴン)が、世界的な女性ラッパーミッシー・エリオットと息を合わせる。

YGヤン・ヒョンソク代表プロデューサーは25日、YG公式ブログ(www.yg-life.com) - FROM YGを通じて、G-DRAGONが約1年ぶりにセルフプロデュースするアルバムでカムバックすると明らかにした。特に世界的な女性ラッパーミッシー・エリオットが、ニューアルバムに参加すると発表されて注目を浴びる。

ヤン・ヒョンソク代表は「2009年8月18日、G-DRAGON21歳の誕生日に合わせて1stソロアルバムを発表したが、4年後である今年8月18日、2ndフルアルバムの発表を計画している」と明らかにした。

今回のアルバムもG-DRAGONが全曲の作詞、作曲参加はもちろん、アルバムのプロデュースまで全て引き受けて進めたアルバムで、全10余曲の新曲が収録される予定だ。

また、今回のアルバムには多数の海外アーティストの参加よりは、レジェンド級の海外アーティストひとりを参加させようという意見が集められたそうだ。ヤン・ヒョンソク代表は「男性ラッパーの場合は候補が多かったが、YGが望むヒーチャリングは女性ラッパーだったので、その答えはとてもシンプルだったほど、皆の共通した意見はただひとりだった。その主人公がミッシー・エリオットだ」と伝えた。

ミッシー・エリオットが参加するG-DRAGONのヒップホップ曲は、一般的なヒップホップ音楽の枠組みを抜け出して、韓国的な要素を加えた独特の曲だ。韓国民謡のボイスサンプルを利用して、韓国的ながらも非常に独特で洗練された一曲になっている。

ヤン・ヒョンソク代表は、詳しい情報は今後明らかにするとし、26日にはSOL(ソル)のソロアルバム計画を予告した。

写真=eNEWS DB

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 06月 25日 09:54