[K-POP] この夏の韓国歌謡界はガールズグループ3チームが席巻

6月の韓国歌謡界は3つのガールズグループによる激しい三つ巴の戦いとなりそうだ。今月一斉にアルバムを出したDal★shabet、SISTAR、AFTERSCHOOLがその主人公だ。

Dal★shabetは20日にニューアルバム『Be Ambitious』のタイトル曲『私の脚を見て』を出して活動中だ。これまでガールズグループの中ではあいまいなポジションだった。だが、今回のアルバムで全国区のガールズグループへと変身を果たす覚悟だ。ハリウッドのセックスシンボル、マリリン・モンローからインスピレーションを受けた「モンローダンス」はこれまで見られなかったパフォーマンスだ。着ていたスカートをめくっては整える動作を繰り返し妙に男性の心を刺激する。メンバーは今回のパフォーマンスのためにダイエットと足の運動を並行し、美しい脚線美を誇ることになった。また、カムバック直後の21日には江原道(カンウォンド)の軍部隊を訪問し、軍での人気を改めて証明した。音楽チャートでの成績も過去とは大きく違う。音楽サイトで1位を獲得しただけでなく、10位圏内にとどまり音楽的にも満足させている。

SISTARは事実上のワントップと呼ばれなければならない。「音楽の女王」らしく、『Give It To Me』で1位の座を明け渡さずにいる。華麗なパフォーマンスも連日話題だ。放送後にSISTARと関連した検索語がランキング上位を記録するほどその影響力は強大だ。カムバックから2週間で音楽番組での1位もあっけなく獲得した。

AFTERSCHOOLは悪材料に耐えている。リジとレイナの負傷のほかナナまで負傷する踏んだり蹴ったりの状況だ。それでもAFTERSCHOOLならではのポールアートは新鮮なポイントだ。ポールをあっちへこっちへと跳び越えながら舞う姿は他のガールズグループにはまねできない動作だ。負傷で赤信号は灯ったがチーム活動は維持している。

歌謡関係者は、「この夏の歌謡界は3グループの活動が最も目立つ。来月にあふれるまた別のガールズグループにどのように対応するのかが関心事だ」と説明した。

Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 06月 23日 09:26