[K-POP] BEASTイ・ギグァン、アイドルらしからぬ演技力で好評

ボーイズグループ「BEAST(ビースト)」のメンバーのイ・ギグァンがアイドルらしからぬ演技力で『ドラマスペシャル』を盛り上げている。

イ・ギグァンは19日に放送されたKBS(韓国放送公社)第2テレビの『ドラマスペシャル単劇2013 - 僕の友達はまだ生きている』で、余命の短い人生にも明るい姿を失わない高校生のキョンスク役を演じて、飾り気のない素直な演技で視聴者の心を濡らしている。

同作は余命の短い高校生(イ・ギグァン扮)が初恋の人(チョン・スジン)のために親友(イ・ジュスン)と対立するが、最後には友情を選ぶ姿を描いた作品。重みのある作品のテーマを10代の初々しくはつらつとした感性でうまく表現した。

主演を演じたイ・ギグァンは、「初恋の人とファーストキスをしてから死にたい」という表面的な姿と、長い間死と向きあう中で生まれた心の傷を大げさにならないように表現して劇に奥行きを与えている。

特にドラマ『ドリームハイ』『学校 2013』などを演出したイ・ウンボクPDが10代の思春期の青少年たちの成育痛と友情、初恋の感情を生き生きと響きある作品に仕上げてドラマの完成度を高めた。

放送直後、視聴者はSNS(ソーシャル・ネットワーキングサービス)を通じて「イ・ギグァンの自然な演技が引き立っている」「男同士の熱い友情に胸を打たれた」「短編小説を読んだ感じ」など好評を残した。

一方、『ドラマスペシャル単劇 2013』は毎週水曜日午後11時10分から放送される。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 06月 20日 14:36