[芸能] 俳優チョン・ウソン「僕が出演した『ランニングマン』が1番おもしろい」

俳優チョン・ウソンが「ランニングマン」を通じてバラエティの神聖に浮び上がる展望だ。

チョン・ウソンは19日、ソウル・城東区(ソンドング)某所で開かれた、映画『監視者たち』メディア・デイで「久しぶりにバラエティ番組に出演することになった。『ランニングマン』を本当に一生懸命熱撮影した。情熱をつくしすぎて、周囲からなぜそこまでするのかと言われた」と話し始めた。

先立って16日、SBS「ランニングマン」放送末には、スーツを着て最高のビジュアルを自慢するチョン・ウソンの姿が放送されて、視聴者の関心を一身に受けた。「歴代最強の統制不能追撃者チョン・ウソン」という字幕と情熱的にゲームに臨むチョン・ウソンの姿は、格別な期待を誘った。

引き続きチョン・ウソンは「『ランニングマン』ゲームの特性上、本当に没頭したよ。僕は撮るのに必死で見なかったが、スタッフの話では本当におもしろく出来たと言ったよ。僕が出演する回が1番おもしろいだろう」と自信を表わした。

これに対して共に出演したハン・ヒョジュは「私は『ランニングマン』に以前出演したことがあって、どれほど没頭するものなのか知っていたが、チョン・ウソン先輩があそこまでするとは思わなかった。途中、出演者どうしで『私が知っているチョン・ウソンではない』と驚いたほどだ。多分、放送されたらバラエティのオファー交渉1位にならないかと思う」と話した。

チョン・ウソンとハン・ヒョジュは、警察内の特殊組織監視盤と犯罪組織間の息が詰まる対決を描いた『監視者たち』で、警察と犯罪組織のリーダーとして息を合わせた。アイドルグループ2PMのジュノが共に出演した「ランニングマン」は、23日放送される。

写真=eNEWS DB


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 06月 20日 15:42