[K-POP] 2NE1のCL「ヤン・ヒョンソク社長が心の中の1位は私だそうです」

ガールズグループ2NE1(トゥエニィワン)のCLが、自身初のソロ活動に向けたヤン・ヒョンソク社長の惜しまない応援に、感謝の気持ちを表わした。

CLは最近初のソロアルバム『THE BADDEST FEMALE』発売直後、eNEWSとのインタビューで所属事務所YGエンターテインメント社長の、強い応援に感謝した心境を聞かせた。

CLは「社長が私をたくさん信じて応援してくれて本当に感動した。本来のスタイルが直接褒めるより遠回しの表現をたくさんする。だが、今回は音楽が出る前から本当にたくさん応援してくれた」と明らかにした。

CLはデビュー4年で初のソロ活動に乗り出した。ステージ上で格別なカリスマを吹きだすCLは、今回のアルバムでも自身のクールで素敵なキャラクターを完ぺきに生かして音楽で表現した。

また、パフォーマンスはもちろんビジュアル的な面でも芸能界最高のトレンドセッターであるだけに、格別なスタイルで好評を得ている。

CLは「音源が出てきて社長は『僕の心の中でCL、君が1位だから何の気も遣わずに、曲を愛するようにステージも楽しんでくれたら嬉しい』と言った」として「本当に大きい力になった」と感謝を表わした。

また、ソロ活動に対して「いつも、いつかはソロ活動してみたいと思っていたが、社長が『THE BADDEST FEMALE』でソロ活動をしてみようと言った。良い曲を持ってステージに立てて幸せだ」と嬉しい心境を聞かせた。

『THE BADDEST FEMALE』は、YG所属プロデューサーのテディが作詞作曲した音楽で、遅いビートのヒップホップジャンルの曲だ。先月28日発売した直後、オンライン音源サイトで1位を占めたことはもちろん、海外でも熱い反応を集めた。

写真提供=YGエンターテインメント


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 06月 19日 16:04