[K-POP] 歌手ジョン・パク、デビュー後初のフルアルバム発表「童心に帰って作った」

歌手ジョン・パクがデビュー後初のフルアルバムを発表する。

ジョン・パクは7月3日、全11曲が収録された1st『INNER CHILD』を発表して、本格的な活動に突入する。

今回のアルバムは昨年2月リリースしたミニアルバム『Knock』後、16ヶ月ぶりにリリースするという点で、ファンの期待感を高めている。

自身が直接プロデュースした今回のアルバムで、収録曲5曲を作詞、作曲してシンガーソングライターとしての面目を誇示した。また、ジョン・パクと同じ所属事務所のミュージシャンである、イ・ジョク、イ・サンスンが参加したし、ミュージシャンのチョン・ウォンヨン、イ・スンヨル、ダイナミック・デュオのチェザ、レイガン、イダンヨプチャギ(二段横蹴り)などの曲らが収録された。

ジョン・パクは18日「約1年の間力を注いだアルバムで、尊敬するミュージシャンらと共同作業できて幸せだった。子供に帰った気持ちで作った音楽」と感想を明らかにした。

一方、ジョン・パクはイ・ジョクが努めるMnet「放送の敵」に共に出演して、視聴者の関心を集めている。

写真提供=Music Farm


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 06月 18日 14:43