[映画] ウォン・カーウァイ監督「ソン・ヘギョ、アジアで最も美しい女優」

中国を代表する映画監督のウォン・カーウァイ監督が、女優ソン・ヘギョの美しさを絶賛した。

ウォン監督は最近行われたケーブルチャンネルtvNの『ペク・ジヨンのピープルINSIDE』の収録で「ソン・ヘギョはアジアで最も美しい女優」とし「顔のバランスが完ぺき」と話した。

ウォン監督は新作『一代宗師』のヒロインにソン・ヘギョをキャスティングし、4年間かけて撮影を行った。ウォン監督は「映画でソン・ヘギョの出番をたくさん入れられなくて残念だ」と述べ、格別の愛情を表現した。

同作は1930年代の混乱した情勢と中国武芸の世代交代を背景に、ブルース・リーの師匠であるイップ・マン(葉問)の一代記を描いた映画だ。制作準備期間だけで10年をかけた大作だ。

ウォン監督の率直な話は17日午後7時に放送される『ペク・ジヨンのピープルINSIDE』で公開される。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 06月 17日 15:16