[K-POP] G-DRAGON「ワールドツアーインドネシア」が盛況、現地ファン熱狂

BIGBANG(ビッグバン)のリーダーのG-DRAGON(ジードラゴン)が6月15と16日、インドネシアのジャカルタにある「MEIS (Mata Elang International Stadium)」でソロワールドツアー 『ONE OF A KIND』を盛況裏に開催した。

G-DRAGONはこの公演のオープニングで感覚的なスポーツカーに乗って登場し、ソロ曲『HEARTBREAKER』、『ONE OF A KIND』、『CRAYON』、『THAT XX』、『ミチGO』を含む合計20余曲を熱唱して現地ファンを熱狂させた。

本公演の特別ゲストはBIGBANGのメンバーのT.O.P(トップ)。ジャカルタで再会したGD&TOPはヒット曲『HIGH HIGH』と『Knock Out』のほか、BIGBANGの曲『BAD BOY』も熱唱した。特にT.O.Pはソロ曲『TURN IT UP』のステージを披露して大きな歓呼を受けた。

G-DRAGONのソロワールドツアーは合計8カ国13都市25公演として、世界的なスタッフとともに開催されている。クリエイティブ・ディレクターにはマイケル・ジャクソンの『THIS IS IT』ツアーの振り付けとアシスタント・ディレクターを担当したトラヴィス・ペイン(Travis Payne)と、当時彼とともに振り付けを担当したステイシー・ウォーカー(Stacy Walker)の2人を迎えている。また舞台デザインはマイケル・ジャクソンの『THIS IS IT』ツアーのデザイナーであるマイケル・コットン(Micheal Cotton)が担当している。

一方、G-DRAGONは今年3月のソウル公演を皮切りに、初のソロワールドツアーの幕を上げた。今後はマレーシアとシンガポールの2つの国での公演のみを控えている。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 06月 17日 14:13