[K-POP] BEAST、1万人ファンの前で新曲公開“ビューティーパーティー”開催

7月にニューアルバムの発表を控えたボーイズグループBEAST(ビースト)が、1万人余りのファンたちと“ビューティーパーティー”を開催した。

BEASTは15日、江南(カンナム)マル公園に特設ステージを設置してファンクラブ“ビューティー”のための大規模ファンイベントを開いた。蒸し暑い天候にもかかわらず1万人超のファンたちが集まった中で新曲『I’m Sorry』を初公開して多彩な舞台を繰り広げた。

所属事務所側は「BEASTが15日夜『I’m Sorry』の音源公開を控えファンたちに新曲を最初に聞かせようと野外ファンミーティングを開催したもの」と説明した。BEASTはこの日の最初の曲として『Midnight - 星を数える夜-』を歌ったのに続き、1万人超のファンたちと共に『SHOCK』、『FICTION』などのヒット曲を続けた。まるで単独コンサートを繰り広げるかのように真夏の夜の熱気を発散していた。

さらにBEASTのヤン・ヨソプは「この前発表した『大丈夫かい?』が、音源公開以外の活動がなかったにもかかわらず1位になれた。全て皆さんのおかげだ。感謝したい」という所感を明らかにした。

先立って公開されてヒットチャートを席巻した『大丈夫かい?』の感性豊かな舞台が公開されるやいなや青白く光るペンライトの波がゆらめいた。

『I’m Sorry』の舞台がこの日の公演の絶頂だった。BEAST独特の物柔らかでドラマチックな振りつけが一体となり、ますます観衆の目を楽しませた。

またBEASTは映像を通じてカムバックを待っていたファンたちへの感謝の気持ちを伝えて雰囲気はさらに盛り上がった。

『大丈夫かい?』に続くBEAST新譜のセカンドタイトル曲『I’m Sorry』はヨン・ジョンヒョンとキム・テジュが共同作曲した。『I’m Sorry』は16日午後現在、メロン・エムネットなどで2、3位圏に上がった。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 06月 17日 09:15