[K-POP] 韓国ガールズグループのメンバー、セクハラ発言のネットユーザーを告訴

9人組ガールズグループのNine Muses(ナイン・ミュージス)のギョンリ(23)側が、SNS(ソーシャル・ネットワーキングサービス)を通じてセクハラ発言を繰り返したネットユーザーを告訴した。

所属事務所の関係者は14日、韓国日刊スポーツとの電話インタビューで「ギョンリに対してセクハラ発言を繰り返してきたネットユーザーを、“情報通信網利用促進及び情報保護などに関する法律違反及び侮辱罪”の疑いで13日、ソウル西部地検に告訴した」と明らかにした。

関係者は「過去に1度ツイッターを通じて警告コメントを載せて注意を促したが、該当ネットユーザーは性的なコメントを掲載し続けた」とし「程度がひどすぎると判断して告訴することに決めた」と伝えた。

続けて「他の人々が見ても眉をひそめるほどなのに、本人はどれほど腹ただしいだろうかと思う」とし「必ず犯人を捕まえて厳しく処罰したい」と話した。

これに先立ち、該当のネットユーザーは今月初めからギョンリのツイッターに数回に渡ってセクハラコメントを残していた。ギョンリは今月4日、このネットユーザーに注意を促すコメントを残した。

所属事務所も7日に公式ツイッターを通じて「関連するコメントをすべて削除し、ギョンリの前で公式に謝罪せよ。これを直ちに履行しない場合、『情報通信網利用促進及び情報保護などに関する法律違反及び侮辱罪』で告訴する」と警告した。

しかし該当のネットユーザーは、このような処置をまったく意に介すことなくセクハラ発言を繰り返していた。


Copyright ISPLUS/中央日報日本語版 2013年 06月 14日 15:29