[ドラマ] 『恋愛操作団:シラノ』イ・ジョンヒョク、真夏の暑さにもトレンチコートを着続ける理由

猛暑を振るっている2013年の初夏。それでもソ・ビョンフンのファッションは一途のようだ。トレンチコートスタイルから抜け出してこない彼の姿を見るだけでも、ムシムシ暑くなるようだ。

tvNドラマ『恋愛操作団:シラノ』のリーダーソ・ビョンフン(イ・ジョンヒョク役)は、一途にトレンチコートファッションを披露している。ファッションに対する彼の意地は、放送5回目も続いていて、猛暑にも負けていない。

ここまでくるとその理由が気がかりなほどだ。これに対してイ・ジョンヒョクは「今後もトレンチコートを着て登場するだろう」と話した。

イ・ジョンヒョクは10日、京畿(キョンギ)・南陽州(ナミャンジュ)に位置した同ドラマの撮影セット場で行われたインタビューで、「(ソ・ビョンフンのトレンチコートファッションは)一種のキャラクターと考えて設定した部分がある。自分だけの世界に固執して他の人々と同じではないという、そのようなキャラクターを表現して見たら、ファッションからこのようになった」と説明した。

劇中ソ・ビョンフンは恋愛操作団のリーダーとして、天才的な演出力を所有している。しかし、簡単には近寄れない魅力を持っている所有者だ。イ・ジョンヒョクは「自分はいけてると見られたいのに、他の人々からは『なぜああするのか?』というほど独特の指向を持っている。自身も暑さを感じて流れる汗を拭きながら、絶対コートを脱がないそのようなキャラクターだ」と説明した。

しかし、そのどの時より「死の暑さ」が予告された2013年の夏が近寄ってきた。インタビューが行われたこの日だけでも、日中の気温が30度を上回って、蒸し暑さが猛威を振るった。

イ・ジョンヒョクは「僕も人なのに当然暑さを感じている(笑)それでもトレンチコートファッションに、ある程度は変化を与える考えだ。序盤には暗い色が多かったとすれば、意見を聞いてどんどん明るい色を披露するだろう」と伝えた。

一方、tvN『恋愛操作団:シラノ』は完ぺきな恋愛操作の作戦で、依頼人の愛を成就させる会社の活躍像を描いたロマンスドラマで、毎週月、火曜日午後11時放送中だ。

写真=tvN画面キャプチャー


Copyright CJ E&M Entertainment Portal enewsWorld, All Rights Reserved. 2013年 06月 13日 12:10